CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
あなたの犬は幸せですか
あなたの犬は幸せですか (JUGEMレビュー »)
C. ミラン, メリッサ・J・ペルティエ, 片山 奈緒美
RECOMMEND
犬と猫のための自然療法
犬と猫のための自然療法 (JUGEMレビュー »)
ダイアン スタイン, Diane Stein, 鈴木 宏子
MOBILE
qrcode
ザンネン!

20180828

庭のフェンネルにいたキアゲハのサナギが、、、

 

お昼にみたら、すでに羽化した後でした。

 

早朝はまだだったのに、いつの間に、、あぁ。

 

サナギになってから、キッチリ2週間。

 

犬のお産もそうだったけれど、

 

自然にはくるいがないですね。

 

それでも、この2週間、猛暑であったり、

 

何度か天候が荒れた時は雨風、雷がすさまじかったのですが、

 

たった3点に糸を張って、フェンネルの茎にジッとくっ付いていたのです。

 

スゴイです!

 

茎を切って家の中に入れてあげようかとも思いましたが、

 

ここは自然界。

 

せめて麻ヒモで茎を固定し、できるだけ揺れないように、、。

 

あとは毎日「ガンバレ!ガンバレ!」の声掛けをしていました。

 

そして見事に乗り切った!

 

このコは強い!

 

ブラボー!!

 

きっと、素晴らしい蝶になって、今ごろ無限な大空を自由に舞っているのでしょう。

 

| 日常のこと | 13:14 | comments(0) | - | pookmark |
おかえり

20180805

 

今年は、わが家の庭ではよくチョウが舞ってくれます。

 

キアゲハ

 

アオスジアゲハ

 

モンロチョウ・・・

 

モンシロチョウの幼虫は、見事に芽キャベツの葉を食い尽くしてくれました(^-^;

 

以前、フェンネルでみかけたキアゲハの幼虫たち。

 

結局、サナギになる前にどこかへ行ってしまい

 

羽化に遭遇することはできませんでした。

 

そのコたちかどうかはわからない、、

 

けれど、どこからともなく現れた2頭のキアゲハ。

 

「おかえり」と言いたい気分でした🍀

 

***

今日は特別な日。

 

2年目の夏。

 

やっぱり「おかえり!」だ。

 

| 日常のこと | 15:33 | comments(2) | - | pookmark |
西へ〜ぎふ(長良川)のたび

20180515-1

前世というものがあるならば、

 

私は、長良川で布の染色をやっていた時代があるそうで、、。

 

そして、岐阜にお友達ができたので、いざ、西へ。

 

岐阜城の天守閣からみる山々は、まるでピラミッド。

 

美しいカタチがなんだかツボでした。

 

鵜飼の「うーたん」がキャラクターの市バスをみながら向かったのは、

 

なんといってもテンションmaxの『うかいミュージアム』です。

 

6戸の鵜匠さんって、宮内庁式部職(国家公務員)なんですね!

 

20180515-2

「うーたん」たちは、茨城県日立市の岸壁にて、

 

渡り鳥として休憩中、それはそれは超アナログな方法にて捕獲、スカウト!?されます。

 

鵜匠さんの一日、「うーたん」の一日、鵜飼の準備から終わりまで、年間の行事、、

 

何しろ1300年前から続くものですから、厳かな伝承の重みをひしひしと感じました。

 

今年も5月11日〜10月15日、休みは1日のみ、長良川の鵜飼は行われます。

 

幻想的な伝統漁法を、ぜひ一度この目で見てみたい!

 

 

| 日常のこと | 19:28 | comments(0) | - | pookmark |
そうだ、箱根へいこう

20180120

 

今は、

 

しゃがんで

 

しゃがんで

 

しゃがんで

(↑長いことココですが、だから見えるものもあって)

 

次に、

 

ぐぃーん!とジャンプする前

 

です。

 

 

色んな縁を繋ぎに、、。

 

| 日常のこと | 09:34 | comments(0) | - | pookmark |
あけましておめでとうございます!

20180101

 

あけましておめでとうございます

 

この新しい『戌』の年が、皆さまにとりまして

健やかで、楽しく、幸多き一年でありますように

 

++++++++

昨年は、おかげさまで、Leetamaの大きな括りとなる

10年目を迎えることができました。

 

つまづきながらも、沢山の温かいメッセージに

何度も何度も励まされました。

 

今年は、チャレンジの他、今までのアイテムを見直しつつ、

もっとお気軽にお使いいただけるようなモノづくりができたらと思っています。

 

これからも大好きな犬たちを、楽しみながら作りたい♪

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

Leetama

鈴木可奈恵

 

★★

Leetama++Shop++10th anniversary thanks! sale

1月10日まで開催中です。

★★ 

 

 

| 日常のこと | 10:13 | comments(0) | - | pookmark |
絵本Cafe

20170501-2

 

静岡県遠州地方に、

 

田園風景のまち「森町」というところがあります。

 

友人の”ともちゃん”に連れて行ってもらった絵本Cafe『ミロン』さん。

 

20170501-3

 

ゆっくりランチをいただいてきました。

 

デザートの後の、もうひとつのデザートは

 

マダムのみどりさんの絵本の朗読。

 

20170501-1

 

この日は『いつもいっしょに』という絵本。

 

”絵本は、こどもだけでなく、おとなにこそ読んでもらいたいもの”

 

そう聞いていたけれど、

 

朗読を聞いていてポロポロ ポロポロ。

 

ともちゃんと二人で涙しながら それを実感しました。

 

”感じる”ってことは 私たちの中に”ある”ってこと。

 

人間 まだまだ捨てたもんじゃない!

 

そう 色んな想いをゆっくり思い出すのもいいです。

 

| 日常のこと | 11:57 | comments(0) | - | pookmark |
あけましておめでとうございます。

20170101-3

あけましておめでとうございます!

 

昨年もたくさんの応援を誠にありがとうございました。

 

2017年がみなさまにとりまして お健やかな一年でありますよう

 

心よりお祈りしております。

 

*****

昨年は、私の人生において、忘れられない一年となりました。

 

と同時に、本当にたくさんの“やさしさ”に触れ、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

そんな中、このたび製作拠点のみ、地元浜松市に移すことにいたしました。

 

新たな環境で、より新しい発想をカタチにできるよう 気を引き締めてまいりたいと思います。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

2017年 元旦

 

Leetama

鈴木可奈恵

 

※年末のアトリエ移転他の事情によりまして、賀状での新年のご挨拶を控えさせていただきます、、、。

| 日常のこと | 10:00 | comments(2) | - | pookmark |
星野道夫写真展

20161028-3

 

星野道夫さんの写真展。

 

「アラスカに行ってきました!」

 

と言ってしまいそうなほど 臨場感あふれる写真展でした。

 

所々、写真に添えられていた星野さんのことばがまたとても深くて、

 

一枚一枚のその”一瞬”から沢山のメッセージが溢れていました。

 

アラスカのどうぶつたちの”おやこ”の姿が、またグッときます。

 

一度にいろいろなことを感じてしまったので

 

これ以上ことばにできないけれど、ひとつだけ。

 

「自然」とは「生きること」なんだと。

 

その場を離れがたい写真展でした。

 

今月30日まで、横浜眦膕8階ギャラリーで開催中です。

 

あ、北海道展も同時開催中!

 

 

| 日常のこと | 11:06 | comments(0) | - | pookmark |
京都

先月のお話ですが、、

 

ずっと行きたかった川上ミネさんの清水寺でのピアノリサイタルへ。

 

せっかくなのだからと、貴船神社と鞍馬寺へ

20161006

鞍馬寺。

 

 

20161006-1

そして鞍馬山から貴船神社への山道。

 

当初はムリムリと思っていましたが、

 

思いのほか気持ち良すぎて 足がどんどん進みました。

 

なぜだろう、「植物も動物もそのまま残っている山」とされているのにとっても静か。

 

鳥の声は?虫の声は?

 

シーンとした山の中で 

 

自分の意識が大きく大きく膨らんでいくような ふしぎな感覚になりました。

 

 

20161006-2

貴船神社は、鞍馬山と一転し、とっても賑わっていました。

 

こちらは相生の杉(御神木)。樹齢千年。

 

20161006-3

そしていよいよメインイベントのピアノリサイタル。

 

「清水の舞台」というオープンな空間で、音響設備なし。

 

生の演奏を聴くのですが、音が飛ぶことなく素晴らしい響きで。

 

床を伝って響くのです、というミネさんのお話。

 

これぞ木材の伝統建築の成せる業です。

 

途中、ミネさんの即興を聴きながらの「お散歩タイム」があり、

 

舞台からちょっと離れた奥の院で、どのように音が聴こえるかを体験しました。

 

20161006-4

こうして 幻想的な夜が更けてゆきました。

 

 

 

| 日常のこと | 13:49 | comments(0) | - | pookmark |
あお と みどり

20160826-2

しばらくは この ”あお”と”みどり” を眺めながら

 

製作したり 土に触れたり 収穫したり

 

思いにふけったり 内観したり の日々でした。

 

20160826-4

この笑顔に癒やされながら。

 

 

| 日常のこと | 17:54 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/11PAGES | >>